Home » メンバー » 堀 勝


堀 勝 (Hori Masaru)

  

略歴

昭和56年3月 早稲田大学理工学部電子通信学科卒業
昭和58年3月 同上 大学院理工学研究科修士課程修了
昭和58年4月 名古屋大学大学院工学研究科博士課程後期課程電子工学専攻入学
昭和61年3月 同上 修了 工学博士(名古屋大学)
昭和61年4月 (株)東芝 総合研究所超LSI研究所 入社
平成4年4月 名古屋大学助手(工学部)、平成6年4月 名古屋大学講師(工学部)、平成8年7月 名古屋大学助教授(工学部)
平成9年8月~12月 英国ケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所 客員研究員  
平成16年4月~ 名古屋大学教授(工学研究科)
平成21年4月~平成25年3月 名古屋大学大学院工学研究科附属プラズマナノ工学研究センター長 
平成23年11月~ NU-SKK先進プラズマナノ材料研究所長(韓国)
平成25年8月~ 名古屋大学プラズマ医療科学国際イノベーションセンター長
平成26年4月~ 名古屋大学 未来社会創造機構・人とモビリティ社会の研究開発センターくらし・健康基盤情報部門長
平成26年4月〜 名古屋大学教授(未来社会創造機構)
平成28年4月〜平成31年3月 名古屋大学未来社会創造機構 機構長補佐
平成31年4月〜 名古屋大学低温プラズマ科学研究センター長
 

他の職歴

日本学術振興会「プラズマ材料科学」第153委員会委員長(平成28年~29年)
文部科学省新学術領域研究「プラズマ医療科学の創成」領域代表(平成24年~27年)
日本学術会議連携委員(平成23年~)
応用物理学会プラズマエレクトロ二クス分科会幹事長(平成22~23年)
表面技術協会理事(平成22年~23年)
応用物理学会常務理事(平成21年~22年)
応用物理学会 東海支部 支部長(平成17~19年)

 

受賞

・IAAM Award Lecture賞 , 2019年10月09日 , 日本国
・K-T Rie Award for the year 2019 , 2019年09月04日 , Asian-European International Conference on Plasma Surface Engineering (AEPSE2019) , 大韓民国
・The Best Oral Presentation Awards in the area of Plasma Science, ISPlasma2019/IC-PLANTS2019 , 2019年03月21日 , ISPlasma2019 / IC-PLANTS2019 , 日本国
・The Best Oral Presentation Awards, ISPlasma2019/IC-PLANTS2019 , 2019年03月21日 , ISPlasma2019 / IC-PLANTS2019 , 日本国
・The Best Poster Presentation Awards, ISPlasma2019/IC-PLANTS2019 , 2019年03月21日 , ISPlasma2019 / IC-PLANTS2019 , 日本国
・The Best Poster Presentation Awards, ISPlasma2019/IC-PLANTS2019 , 2019年03月21日 , ISPlasma2019 / IC-PLANTS2019 , 日本国
・2018 The Plasma Medical Award, 2018年6月22日, ICPM7
・Best Presentation Award, 2016年03月10日, ISPlasma2016/10th International Symposium on Advanced Plasma Science and its Applications for Nitrides and Nanomaterials (ISPlasma 2016)
・第37回応用物理学会優秀論文賞, 2015年9月13日, 公益社団法人応用物理学会
・第11回プラズマエレクトロニクス賞, 2014年3月17日, 公益社団法人応用物理学会プラズマエレクトロニクス分科会
・Best Poster Presentation Awards, 2013年2月1日, 5th International Symposium on Advanced Plasma Science and its Applications for Nitrides and Nanomaterials
五大成果(全2,000件のうちトップ5) , 2013年02月01日 , 文部科学省ナノテクノロジーネットワーク事業(平成19年~24年) , 日本国
・応用物理学会東海支部貢献賞、公益社団法人応用物理学会東海支部、2013年1月5日
・11th APCPST and 25th SPSM Plasma Science Award , 2012年10月5日, 11th APCPST (Asia Pacific Conference on Plasma Science and Technology) and 25th SPSM (Symposium on Plasma Science for Materials)
・応用物理学会 第6回(2012年度)フェロー表彰, 2012年09月12日 , 公益社団法人応用物理学会
・第14回プラズマ材料科学賞(基礎部門賞), 2012年08月06日 , 日本学術振興会
・The Distinguished Professor Award , 2012年06月14日 , 中国科学院研究生院 , 中華人民共和国
・高温学会 論文賞, 2012年03月31日 , 社団法人高温学会
・第9回産学官連携功労者表彰(科学技術政策担当大臣賞) , 2011年09月22日
・平成22年度科学技術分野の文部科学大臣表彰・科学技術賞(研究部門), 2010年04月13日, 文部科学省
・JJAP編集貢献賞, 2004年, 公益社団法人応用物理学会
・プラズマ材料科学賞(奨励部門賞), 2004年 , 日本学術振興会
・第1回プラズマエレクトロニクス賞, 2004年3月28日, 公益社団法人応用物理学会プラズマエレクトロニクス分科会
・マイクロプロセスナノテクノロジー国際会議2000 Award(最優秀発表賞), 2001年

業績

Invited 【Domestic conference】

  1. 堀 勝, 関根 誠 (基調講演 )
    最先端電子デバイスプロセスを拓く原子層エッチングプロセス技術の最前線 , Plenary
    電気化学会第87回大会, 名古屋工業大学, 2020年3月 19日

  2. 長谷川 将希, 堤 隆嘉, 谷出 敦, 近藤 博基, 関根 誠, 石川 健治, 堀 勝 (招待講演 )
    Arイオン照射窒化ガリウム表面の塩素吸着層のイオンエネルギー依存性 (2), 14p-A305-1
    第67回応用物理学関係連合講演会, 東京都, 上智大学 四谷キャンパス, 2020年3月 14日

  3. 田中 宏昌, 堀 勝 (招待講演 )
    プラズマ活性溶液による細胞死の作用機序, 13p-A205-3
    第67回応用物理学関係連合講演会, 東京都, 上智大学 四谷キャンパス, 2020年3月 13日

  4. 堀 勝, 石川 健治, 田中 宏昌, 水野 正明, 吉川 史隆, 豊國 伸哉 (招待講演 )
    低温プラズマの大気圧下での発生・発生源から生体への活性種輸送, W1-1
    第72回日本酸化ストレス学会学術集会 , 北海道立道民活動センター かでる2・7 , 2019年6月 27日

  5. 堤 隆嘉, 近藤 博基, 石川 健治, 関根 誠, 堀 勝  (招待講演 )
    プラズマ支援原子層プロセスにおける表界面反応層制御・診断
    第4回 Atomic Layer Process (ALP) Workshop , 大阪大学中之島センター , 2019年6月 21日

  6. 堀 勝 (招待講演 )
    低温プラズマ科学が拓くイノベーション
    独立技術士交流委員会 , 名古屋技術士会中部本部 会議室 , 2019年4月 25日

  7. 堀 勝 (基調講演 )
    低温プラズマ科学研究の取り組みと共同利用・共同研究拠点としての研究推進 ~低温プラズマ科学による持続可能な地球の実現~
    企業基調講演(東京エレクトロン宮城株式会社) , 東京エレクトロン宮城 , 2019年4月 23日

  8. 堀 勝 (招待講演 )
    大気圧プラズマを用いた医療応用の最前線
    公益社団法人日本産婦人科学会 第71回学術講演会 , 名古屋国際会議場 , 2019年4月 14日

  9. 堀 勝 (基調講演 )
    低温プラズマのレクチャー
    名古屋大学低温プラズマ研究センター交流会 , 名古屋大学 , 2019年4月 11日

  10. 石川 健治, 堀 勝 (招待講演 )
    大気圧プラズマと材料表面の相互作用
    スパッタリングおよびプラズマプロセス技術部会(SP部会) 第159回定例研究会 テーマ:「大気圧プラズマの最前線」, 京都大学 桂キャンパス, 2019年3月 15日

  11. 中根 一也, 植山 稔正, 解 錫同, 堤 隆嘉, 竹田 圭吾, 近藤 博基, 石川 健治, 関根 誠, 大矢 欣伸, 堀 勝 (招待講演 )
    フルオロカーボンガスを用いた2周波容量結合型パルスプラズマに おける粒子密度のDC重畳効果
    応用物理学会シリコンテクノロジー分科会 第215回研究集会, 東京大学 本郷キャンパス, 2019年2月 8日

See all →

Invited 【International conference】

  1. Hiroki Kondo and Masaru Hori (INVITED )
    Effect of multiphase plasma irradiation on alcohols for functional nanographene materials, none
    Gaseous Electronics Symposium 3, Rogla, Slovenia, February 3, 2020

  2. Masaru Hori (INVITED )
    Control of growth, etching processes of graphene materials and their applications., none
    Gaseous Electronics Symposium 3, Rogla, Slovenia, February 3, 2020

  3. Hiromasa Tanaka, Masaaki Mizuno, Yuko Katsumata, Kenji Ishikawa, Hiroki Kondo, Hiroshi Hashizume, Yasumasa Okazaki, Shinya Toyokuni, Kae Nakamura, Nobuhisa Yoshikawa, Hiroaki Kajiyama, Fumitaka Kikkawa, and Masaru Hori (INVITED )
    Gene expression analyses revealed the differences of intracellular molecular mechanisms of PAM- and PAL-induced cell death, WS-1-IV07, p. 39
    12th Asian-European International Conference on Plasma Surface Engineering, Maison Glad Hotel, Jeju Island, Korea, September 1-5, 2019

  4. Masaru Hori  (PLENARY )
    Challenge of Low-temperature Plasma Sciences towards SDGs , K-T Rei Award
    12th Asian-European International Conference on Plasma Surface Engineering, Maison Glad Hotel, Jeju Island, Korea, September 1-5, 2019

  5. Hiroki Kondo, Takayoshi Tsutsumi, Keigo Takeda, Kenji Ishikawa, Makoto Sekine, Masaru Hori, Mineo Hiramatsu  (INVITED )
    Plasma-assisted Synthesis and Modification of Carbon Nanowalls for Emerging Applications , p. 100
    International Conference NANO-M and D2019 Fabrication, Properties and Applications of Nano-Materials and Nano-Devices , Paestum, Italy , June 8, 2019

  6. Masaru Hori  (KEYNOTE )
    Challenge of atomic layer and molecular processes for future plasma chemistry , p. 2
    8th Central European Symposium on Plasma Chemistry (CESPC-8), Gozd Martuljek, Slovenia , May 27, 2019

  7. Y. Kodera, S. Yamada, K. Torii, N. Hattori, S. Takeda, Y. Sato, H. Tanaka, M. Mizuno, and M. Hori  (INVITED )
    Plasma-activated fluids as a novel treatment option for peritoneal metastasis from gastric/pancreatic cancer , p. 26
    6th International Workshop on Plasma for Cancer Treatment (IWPCT2019) , Antwerp, Belgium , April 2, 2019

  8. H. Tanaka, and M. Hori  (INVITED )
    Plasma activated media for cancer treatment , p. 20
    6th International Workshop on Plasma for Cancer Treatment (IWPCT2019) Mini-course: Plasma and Cancer , Antwerp, Belgium , April 1, 2019

  9. Hiroki Kondo, Keigo Takeda, Kenji Ishikawa, Takayoshi Tsutsumi, Makoto Sekine, Mineo Hiramatsu, and Masaru Hori (INVITED )
    Synthesis mechanism and electrochemical properties of nanographene materials obtained by in-liquid plasma method, none
    Global Conference on Carbon Nanotubes and Graphene Technologies, STARHOTELS Rosa Grand, Milano, Italy, March 28-29, 2019

  10. Masaru Hori (INVITED )
    A Door of Plasma Chemistry toward Bio Innovations Opened by Professor Riccard D’Agostino, 20aE15I
    ISPlasma2019/IC-PLANTS2019, Nagoya Institute of Technology, Japan, March 17-21, 2019

See all →

Paper

  1. Atsushi Ando, Kenji Ishikawa, Keigo Takeda, Takayuki Ohta, Masafumi Ito, Mineo Hiramatsu, Hiroki Kondo, Makoto Sekine, and Masaru Hori
    Cover picture In-Liquid Plasma Synthesis of Nanographene with a Mixture of Methanol and 1-Butanol
    ChemNanoMat, Vol. 6 (4) (April 1, 2020) pp. 604-609, DOI: 10.1002/cnma.202000117

  2. Atsushi Ando, Kenji Ishikawa, Keigo Takeda, Takayuki Ohta, Masafumi Ito, Mineo Hiramatsu, Hiroki Kondo, Makoto Sekine, and Masaru Hori
    In-Liquid Plasma Synthesis of Nanographene with a Mixture of Methanol and 1-Butanol
    ChemNanoMat, Vol. 6 (4) (April 1, 2020) pp. 481, DOI: 10.1002/cnma.201900676

  3. Hirotsugu Sugiura, Hiroki Kondo, Kimitaka Higuchi, Shigeo Arai, Ryo Hamaji, Takayoshi Tsutsumi, Kenji Ishikawa, and Masaru Hori
    Reaction science of layer-by-layer thinning of graphene with oxygen neutrals at room temperature
    Carbon, Vol. 170 (December, 2020) pp. 93-99, DOI: 10.1016/j.carbon.2020.07.052

See all →


上に戻る